2011年07月15日

漆喰(しっくい)工事

瓦と瓦の接着剤(漆喰)を補修する工事です。

漆喰が痛んでしまうと、接着剤としての機能を果たさなくなるため、

瓦にズレが生じてしまうのです。

瓦にズレが生じるということは、隙間が空いたり、下地をいためてしまうことになります。

ひどいケースでは雑草が生えてしまっているケースもあります。

つまりは、雨漏りを引き起こす危険性があるのです。

瓦葺き屋根は、漆喰から痛みが広がる事も多くあります。

従来、棟・壁際(土居のし)のし積み部は、中に屋根土、表面に漆喰というのが 標準工法でした。

異なる土質で収縮率が違うため、剥れ、亀裂等が起きて しまいます。

ご予算に応じて、積み直しの検討をお勧め致します。


漆喰工事には基本的に足場は必要ありません。

漆喰工事専門スタッフが丁寧に 手作業で 漆喰を詰め直します。

漆喰が屋根から落ちてきたり、外見上漆喰の剥離が出てきたと思ったら 注意して下さい。

デリケートな部分ですから早めに対処する事が 屋根を長持ちさせる秘訣です。


千葉 屋根修理
横浜 屋根修理
太陽光発電 千葉
千葉 外壁塗装
外壁塗装 見積り 
外壁塗装 千葉
水廻り リフォーム 千葉

横浜 火葬儀


posted by てんとう虫 at 11:18| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月28日

屋根や外壁の塗装時に重要なのは、

@下地処理

壁紙の場合ならホコリだらけの壁に壁紙を貼っても付きにくかったり、

もしくは後からはがれてしまったりしますよね。塗装も同じです。

まず、家を高圧洗浄でしっかり汚れを落としたり、

壁にヒビや割れ箇所があればしっかり処理・修理することは必要です。

そして、古い塗膜に塗料を塗る訳ですから新しい塗料が付きやすいように、

下地処理する事はとても大切なことです。


A使用塗料

塗装の種類も色々あり、「アクリル」なら約6〜8年、「ウレタン」なら約7年〜10年、「シリコン」なら約10年〜15年など。

使用する塗料の種類により違います。お客様にとって家の塗り替えは一生に数回必要なことなので、使用する塗料の耐久年数も考慮した上でご検討される事をおすすめ致します。


B塗装回数

塗り回数にも色々な回数があります。

屋根塗装は3度塗りですがお勧めです。

以上の点を注意しましょう。



千葉 屋根リフォーム     
横浜 屋根リフォーム    
太陽光発電 千葉          
外壁塗装 千葉     
外壁塗装 見積り
外壁塗装 千葉     
リフォーム 千葉      
横浜 葬式




posted by てんとう虫 at 11:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。